Welcome to my blog

クラフトビール🍺「インドの青鬼」ヤッホーブルーイング

インドの青鬼は、
20180715104212736.jpeg

【インディアペールエール】というスタイルでできたビール。

長期の海上輸送中に品質劣化をさけるため、通常より多くのホップを加えていたことはじまりです。

インドの青鬼は、一般的なビールの2倍以上という、

きわめて強いホップの苦味【IBU 56】と、フルーティーな香り、

そして7パーセントという高いアルコール度数が醸し出す個性的な味わいが人気のポイントで、自分も大好き!

のどの奥に苦味の利いたビールが爽快に広がる辛口派ビール!



ビールの数値「IBU」とは?

IBUとはビールの苦味の程度を測る単位

IBUは「International Bitterness Units」の略語です

苦味が強いビールの特徴

ホップの使用量が多い
ホップの煮込み時間が長い
α酸の含有量の高いホップを使用

ちなみに、大手メーカーのIBU

アサヒスーパードライ IBU16
一番搾りㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤIBU21
黒ラベルㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤIBU21
キリンラガーㅤㅤㅤㅤㅤIBU25
エビス ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤIBU25

IBUは、一つの苦味の基準で一概にはいえませんが、IBUを意識して飲むのもまたビールの奥深さ楽しみ方の一つですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

最新記事

居酒屋アリマネット~酒・おつまみ~

検索フォーム

Comments 0

Leave a reply