Welcome to my blog

コンビニで三岳を見つけたら買いたくなる⁈

三岳
原材料さつま芋 米麹(白麹)[タイ米]25°常圧 三岳酒造

屋久島は鹿児島から南へ約60kmの海上に浮かぶ、九州最高峰の宮之浦岳などが連なる降雨量が多い島です。 

【三岳】は、宮之浦岳・永田岳・黒味岳の三山から名付けられました。

世界自然遺産に登録され縄文杉など手付かずの大自然の残る「屋久島」の芋焼酎【三岳】

雄大な森林から湧き出る水を使い、仕上げた焼酎は芋の風味がのり、まろやかさが引き立つ。

今や芋焼酎の定番的存在。

ラベルの見た目以上に素で美味しいとかんじることができる焼酎。

蔵の生産量が少ないため希少な芋焼酎になりつつある【三岳】ですが、コンビニで見かけるとついつい買ってしまいます(笑


【三岳】にも使用されているタイ米とは?

タイ米...泡盛の原料としても使われている

タイ米は、インディカ米に分類されていて、細長い形が特徴です。

タイ米は、炊いても粘り気がなくてパラパラしていて、独特の匂いがあるので、あまりおいしくないという印象が強いみたいです。

インディカ米は、日本の米よりタンパク質・脂質が少ないのも特徴だそうです。

焼酎・泡盛の原料としては、パサパサしていて、硬質なので、麹菌が繁殖しやすくなっています。

タイ米は、ほかの米より温度管理がしやすくなっています。

硬質で長い粒のタイ米は、麹をつくりやすく、米の内部まで菌糸を伸ばした麹ができるので、泡盛にコクと旨みをたっぷりもたらします。

タイ米スゲーー!!!

最新記事

居酒屋アリマネット~酒・おつまみ~

実録!夜王 伝説のホスト 楓十座vs 榊月敬 編

検索フォーム

Comments 0

Leave a reply