Welcome to my blog

日本酒について勉強✏️

2018070421395664c.jpeg

まずよく聞く言葉から勉強します。


❶純米大吟醸(じゅんまいだいぎんじょう)



「純米=お米とお水だけで作った」と「大吟醸=お米を半分以上削ってる」


飲み口は水みたいにすっきりしていて、お米を削ることで生まれる「吟醸香」により、フルーティーな香りが楽しめます。


❷無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)



生きてる日本酒のため、
すっきりした口当たりですが、
あとから旨みが広がります。


「無濾過=濾過してない」
「生=火入れ(加熱処理)をしてない」
「原酒=加水していない」
で「無濾過生原酒」


一般的に日本酒は、
できたての日本酒を濾過して、
加熱処理をして、
お水を加えて薄めることで
アルコール度数を調整します。

でもこの「無濾過生原酒」は、
それら一切の処理をしていません。


要冷蔵で保存が難しいですが、
無濾過生原酒を飲んで日本酒が
好きになったという
ひとがいるくらいです


❸日本酒度

日本酒は、
水、アルコール、糖、酸などの成分から成り立っています。

酵母が働けば、糖分が少なくなって、アルコールは多くなります。

日本酒の甘さに大きな影響を与えるのは、糖の量です。

この糖の量は、酵母の働き度合で決まるわけで、酵母の働きが強けば、糖分が少なくなって、アルコールは多くなります。

この酵母の働き度合を示す指標
があることにより甘さがわかるよう
になっています。

日本酒度とは一般的に、

プラスの数字が大きかれば辛口。
マイナスの数字が大きければ甘口。

(例:日本酒度が+10ならば辛口、
−10ならば甘口)



日本酒については、まだまだ勉強中なので、
これからも書いていこうと思います。


ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ次のページ

最新記事

居酒屋アリマネット~酒・おつまみ~

実録!夜王 伝説のホスト 楓十座vs 榊月敬 編

検索フォーム

Comments 0

Leave a reply