Welcome to my blog

日本酒の特定名称酒とはなに?

日本酒を
201807042133174ab.jpeg

精米歩合 麹歩合 アルコール添加量など により、区分したもの

以前は、「特定名称」 ではなく、

級別といって、
特級、一級、二級、と分類していました。


今は酒の多様化により、

純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、と分類されます。

❶純米大吟醸

精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

❷大吟醸酒

精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。



❸純米吟醸酒

精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

❹吟醸酒

精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。



❺純米酒

精米歩合による規定はない、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

❻本醸造酒

精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。



階級?特別名称では、
アルコール添加なしで、精米歩合のパーセントが少なく、麺歩合15%以上が良いとされる

つまり、アルコール添加なしは→純米
精米歩合順に、大吟醸→吟醸→本醸造

純米本醸造酒はない→純米酒↓
この場合精米歩合による規定はない


よく聞く名称ですが、そう言うことですね✏️


前のページㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ次のページ

最新記事

居酒屋アリマネット~酒・おつまみ~

検索フォーム

Comments 0

Leave a reply